診療内容 北区の秋山眼科医院、日帰り白内障手術に実績多数、眼科専門医常駐

  • TOP
  • 診療内容

診療内容

白内障の日帰り手術

火曜日午後と木曜日午前中に行っています。健康状態が良好な方なら、通常の診察を受けるように、日帰りで白内障の手術を受けていただけます。
LASIK術後、乱視用眼内レンズ、多焦点眼内レンズなども行っています。
多焦点眼内レンズによる白内障手術において、先進医療機関に認定されてます。

日帰り硝子体手術

待っていても容易に吸収されない硝子体出血や、繰り返し起こる出血、網膜の表面にできる黄班上膜、孔があく黄班円孔などを対象に行います。
火曜日の午後に枠を取って行っています。

   

眼科小手術一般

霰粒腫やボトックス注射などは時間が許せば、外来診療中に行うこともありますが、多くは火曜日午後に枠を取って行っています。時期によっては手術予定が少し先になることもあります。

緑内障

診断から治療までを継続することを前提に診療しています。眼圧検査、目標眼圧、視野検査、OCT検査などを個別の症例に合わせて行っています。点眼による治療のほかにレーザー治療や、必要によっては、日帰りで手術も行っています。

斜視・弱視

小児に見られることが多いので、常時2名の視能訓練士とベテランの視能訓練士の協力で診断と治療を行っています、多くは適切な眼鏡処方と遮蔽で対応していますが、全身麻酔を必要とする手術では適切な病院へ紹介しています。

網膜・黄班

詳しい眼底検査が欠かせませんが、視力検査、視野検査、OCT検査も大切です。その結果で、レーザー治療、硝子体注射、眼底撮影、経過観察を行いますが、日帰り手術を行うこともあります。入院が適当な場合、大学病院などを紹介しています。